就労継続支援A型について

 
 
就労継続支援A型とは

障がいをお持ちの方の「働きたい!」という思いを応援するために必要なスキルアップや相談・支援を行うサービスです。

利用者の皆さんは、実際の業務や職業訓練を通じながら、職業技能や体調管理能力などを身につけ、最終的に一般就労を目指していきます。

就労継続支援A型事業所の役割

就労継続支援A型事業所は、通常の一般企業に雇用されることが困難な身体、精神、知的の障がいのある方や難病の方に『働く場』を提供します。

そして、利用者の皆さんに、最終的に一般就労をしてもらう為に、必要な知識や技術を習得してもらえるよう努めます。

就労継続支援A型事業所は雇用契約を結びます。
雇用契約を結ぶことで、都道府県の最低賃金が保証されます。

 
就労継続支援A型事業所での活動について

利用者の皆さんは、実際の業務や職業訓練を通じて、技能やコミュニケーション力などを身につけていただきます。
個人個人のペースで身につけていきながら、最終的に一般就労を目指していきます。
活動の中身は事業所によって異なりますが、事務の業務や販促物の製作、PC業務を行ったりします。
活動を通して、一般就労するのに必要な能力を身につけていくことが出来ます。

 
就労継続支援A型の対象となる方

一般企業などに就労することは難しいが、雇用契約を結んで、継続的に就労することが可能な65歳未満の方(利用開始時65歳未満の方)。
具体的には次のような例が挙げられます。

  1. 就労移行支援事業を利用したが、一般企業などの雇用に結びつかなかった方

  2. 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、一般企業などの雇用に結びつかなかった方

  3. 般企業などを離職した者等就労経験のある方で、現に雇用関係がない方

  • ※就労継続支援A型事業所を利用するには、原則として『障害者手帳』、『療育手帳(愛の手帳など)』、『特定疾患医療受給者証』などが必要になります。

  • ※市区町村の保健福祉課などへの申請も必要となります。

  • ※申請には専門の用紙への記入や医師の診断書が必要になるケースもあります。

  • ※地区により行政機関の受付の課や手続きが異なります。

  • ※場合によって利用料がかかることもあります。

  • ※医療券が必要な場合もあります。(詳細はお住まいの地区の役所、支援施設、事業所などにご相談ください)

All rights reserved © 2019 by 株式会社オッフェ.